やけに弁の立つ弁護士が学校でほえる

【やけに弁の立つ(やけ弁)】第2話のあらすじ・ネタバレ・感想!見逃した人はこれで観れる!?

2018年4月21日(土)にスタートしたNHKの土曜ドラマ「やけに弁の立つ弁護士が学校でほえる」は神木隆之介さん演じる弁護士、スクールロイヤーが学校でのいじめや体罰、教師のブラック労働等に対して法律で立ち向かう学園ヒューマンドラマ!

さすがはNHKの土曜ドラマ、放送開始早々から「面白い!」「早く次が見たい!」という声が多く聞かれています。

 

しかし、待ちに待った第2話ですが、土曜日の放送ということで、見逃してしまう人も多いのではないでしょうか?

今回は、「やけ弁」の第2話のあらすじやネタバレ、感想を大公開、万が一見逃してしまった場合に、お勧めの見逃し配信についてもお教えすので、じっくり読んでみてください!

スポンサードリンク


やけに弁の立つ(やけ弁)第2話のあらすじ・ネタバレ!

第2話の冒頭では、神木隆之介さん演じる田口章太郎(スクールロイヤー)が派遣された青葉第一中学校に一本のクレームの電話が入ります。

その内容は、吹奏楽部の練習の音がうるさいせいで体調を崩してしまったという騒音被害を訴えるものでした!

 

勿論、田中はスクールロイヤーとしてこの問題解決に努めますが、色々と調べていくうちに学校の教師のブラック労働が明るみに出て来ます。

第2話では、田口が学校の教師に対する見直すべき勤務実態について切り込みます!

やけに弁の立つ(やけ弁)第2話の感想!

第1話のモンスターペアレント問題に引き続き、第2話では騒音問題が勃発!

吹奏楽部の演奏によって近所の方が体調を崩してしまったとのことですが、確かに吹奏楽部の演奏は音量がある為、毎日となると近所の人にとっては不快に感じてしまうこともあるかもしれませんね。

 

勿論、学校のこういった問題を解決するのがスクールロイヤーのお仕事なので、今回も田口が法律を盾にクレームをビシッと打ち消してくれそうですね!

今回は騒音問題を解決していく中で教師たちの過酷なブラック労働が明るみに出て来ますが、こちらも実際に社会で問題視されている問題の1つ!私たちにとって割と身近な話かと思います。

 

田口がどの様にこの問題に向き合い、解決していくのか?非常に気になりますね!

また、それを見て私たちもブラック労働や教育の問題について考えるべきかもしれませんね。

スポンサードリンク


やけに弁の立つ(やけ弁)第2話を見逃した方はこれで観れる!?

待ちきれない!と言う声が多く聞かれる「やけ弁」ですが、放送が土曜日の20時15分からということで、中々その時間帯に見るのは厳しいという方も多いのではないでしょうか?

最近ではネット上で様々な動画が配信される様になりましたが、それと同時にウイルスの危険も増しています!

 

動画の画面を開いたが為にウイルス感染してしまうなんてこともありえるのです!

ドラマは見たいけれど、そういった危険はなるべく避けたいですよね?

 

そこで今回お勧めしたいのが「U-NEXT」

やはり、公式に配信されているサイトが安全ですし、こちらは画像も高品質でフルで最後までしっかり見れます!

 

日本最大級の動画サービスで65,000本以上が見放題なので、「やけ弁」だけでなく他のドラマや映画も見放題!きっと気に入る作品が見つかるはずです。

気になるお値段ですが、月額1,990円で20184月現在は初回は31日間無料体験実施中!ということですので、試せるところが嬉しいですね!

 

この価格で、見たい時に見たいだけスムーズに見られるので、ドラマ・映画好きの方にはお勧めですよ。

>>「U-NEXT」で31日間無料トライアルをする

まとめ

「やけ弁」の第2話では田口が騒音のクレームと教師のブラック労働の2つの問題に直面!今回も法律を武器に問題に堂々正面から立ち向かいます!

法律を武器にどうほえるか?田口流にどう解決するのか?に注目ですね。

 

万が一、第2話を見逃してしまった人も大丈夫!「U-NEXT」なら月々1,990円で高品質かつフルの動画がいつでも見放題!

公式配信なのでウイルス等の危険無く安心して見ることが出来ますので、気になる方は是非チェックして見てくださいね!

>>「U-NEXT」で31日間無料トライアルをする

 

スポンサードリンク