テレビ番組

ソレダメ!乳酸菌の正しい取り方、ヨーグルトはいつ食べる?【4/11 テレビ東京】

2018年4月11日、テレビ東京の『ソレダメ!』では乳酸菌の正しい取り方が紹介されました!

乳酸菌を正しくとることで便秘解消や腸内環境を整えることができる反面、誤った取り方をすると、ほとんど効果が得られません。

 

ということで今回は『ソレダメ!』でご紹介された乳酸菌ヨーグルトを食べるタイミング、乳酸菌の効果を高める食べ合わせ、おすすめの最強レシピをまとめておきますので、じっくり読んで取り入れてみてください!

スポンサードリンク


乳酸菌を増やす!ヨーグルトを食べる正しいタイミング!

ヨーグルトさえ食べておけばいい、というものではなく、タイミングを間違えてしまうと、乳酸菌の効果を半減させてしまいます。

それでは、いつヨーグルトを食べると、乳酸菌の効果を高めることができるのでしょうか?

 

それは・・・「食後」です!

食前に食べてしまうと胃酸の影響で、多くの乳酸菌が弱くなってしまうからNGで、食後の方が元気な乳酸菌を届けることができるからなんですね。

 

ちなみに、1度に食べる目安は「100g」がおすすめとのことです!

毎日同じヨーグルトを2週間、継続して食べることで自分にあったヨーグルトがわかりますので、2週間は同じものを食べ続けてみてくださいね。

ヨーグルトを食べる時は食物繊維と一緒に!

また、ヨーグルトを食べる時は、食物繊維を多く含む食べ物と一緒に食べると効果的とのこと!

その中でもダントツでおすすめなのは、ドライフルーツなのです!

 

生のフルーツよりもドライフルーツの方が水分が少ないため、食物繊維を多く含んでいるわけですね。

ですので、ヨーグルトとドライフルーツを一緒にとることで乳酸菌が増加して、より大きな効果を発揮してくれますよ!

 

ちなみに、専門家のおすすめはドライブルーベリーですので、ぜひヨーグルトと一緒に取り入れてみてください。

スポンサードリンク


最強の乳酸菌レシピは「納豆キムチチーズ丼」!

乳酸菌を多くとることができる最強レシピは「納豆キムチチーズ牛丼」です!

ご飯にチーズをトッピング、キムチを入れて、食物繊維が豊富な玉ねぎを入れて、納豆も入れることで多くの乳酸菌をとることができるのです。

 

単純に美味しいだけでなく、便秘や町内環境を整えるのに役立つとなると一石二鳥ですよね!

ちなみに、乳酸菌は口内の悪玉菌をやっつけるため、成人の8割がかかっていると言われている歯周病にも予防なりますよ。

 

また、ダイエット、健康、美容に効果のある油に関しても取り上げられていましたので、こちらをチェックしてみてください!

参考:ソレダメ!油・バターの取り方・選び方・使い方とは?美容・老化防止・ダイエット 4/11

まとめ

乳酸菌は正しくとることが大事で、間違った取り方をしてしまうと効果が半減します!

中でも乳酸菌の正しい取り方でおすすめなのは、ヨーグルトを食後にとる、食物繊維を多く含むドライフルーツと一緒にとる、納豆キムチチーズ丼を食べること!

 

腸内環境を整えたり、便秘予防にもなりますので、乳酸菌をしっかり取り入れていきましょう。

スポンサードリンク