テレビ番組

【爆報フライデー】藤崎奈々子の病気・チョコレート嚢胞とは?症状・原因・治療法!

https://twitter.com/mhituji1/status/907859608034713601

2018年5月25日(金)夜7時からの『爆報フライデー』に癒し系タレントである藤崎奈々子さんが登場します!

藤崎奈々子さんといえば、癒し系だけでなく、1997年のフジテレビビジュアルクイーンに選出されるなどすごく美人で可愛いという事でも人気のタレントです。

 

一時は、ラーメン店をオープンしたことでも話題となり、サーフィンも大好きとのことですが、そんな藤崎奈々子さんは最近ではあまりテレビで見る機会がなくなっています。

というのも、『爆報フライデー!』で取り上げられるのですが、実は、藤崎奈々子さんはチョコレート嚢胞という病気を発症していたのです!

 

ということで、今回は、藤崎奈々子さんの現在や罹っている病気である、チョコレート嚢胞とはどんな症状なのか、何が原因なのか、治療法はあるのか、など徹底解剖していきます。

スポンサードリンク


【爆報フライデー】藤崎奈々子の現在は病気になっていた!

まずは、藤崎奈々子さんのプロフィールを簡単にご紹介いたします!

  • 名前:藤崎奈々子
  • 生年月日:19771219
  • 出身地:北海道
  • 血液型:B型
  • 身長:162

最近は、あまりテレビ番組に出演しなくなり、見る機会が減っている藤崎奈々子さん。

一時は、数多くのバラエティ番組に出演するなどその癒しに引き込まれるファンの方々は多かったのではないでしょうか?

 

そんな藤崎奈々子さんは、2012年に人間ドッグを受けてチョコレート膿疱が見つかります!

しかし、あまり重い病気ではないと放置しているうちに、病気は悪化し2015年のロケの際に命の危険を感じるほどの腹痛に襲われ虫垂炎の可能性もあることからそのまま入院しています!

 

その後は、退院しますが、2015年5月にチョコレート膿疱の手術を受けています。

そんな大きな病気以来テレビ番組への出演が減ってきたことになります。

 

それでは、あまり聞くことのないチョコレート嚢胞について詳しく見ていきたいと思います。

【爆報フライデー】藤崎奈々子のチョコレート嚢胞の症状とは?

藤崎奈々子さんが苦しめられたチョコレート嚢胞という病気について調べていきたいと思います。

まずは、症状としては疼痛だそうです。月経痛や性交痛、慢性骨盤通などが感じられることが多いようです。

 

また、不妊症の原因ともなるようですね。放置しておく事で、破裂して激痛を引き起こす可能性もある危険な病気です!

そんなチョコレート嚢胞は、癌の危険性もあると言われており、簡単に放置できるような病気ではないのです!

 

また、症状の前兆として、以下のものがある場合は疑わしいようですので、チェックしてみてください。

  • 月経痛が年々ひどくなってきた。
  • 性交の時に奥の方が痛い。
  • 排便の時に肛門の奥が痛い。
  • 月経の時に吐き気やめまいがする。
  • 結婚して2年以上経つが、妊娠しない。
  • 月経時に鎮痛剤を飲んでも治らない。
  • 月経時の鎮痛剤の摂取量が増えてきた。

この中で気になる症状がある場合は、婦人科を受信してみてください!

スポンサードリンク


【爆報フライデー】藤崎奈々子のチョコレート嚢胞の原因・治療法!

藤崎奈々子さんが発症したチョコレート嚢胞ですが、病名からすると非常に可愛らしい病名でそんなに危険度はないように感じますが、非常に危険な病気であることが分かりました。

そこでチョコレート嚢胞の原因を調べてみると、卵管を通って腹腔内に逆流した月経血のなかの子宮内膜が腹膜に生着することで何らかの原因によって組織が変化することで引き起こすと言われていますが、実は詳しい原因は分かっていないのです。

 

治療法としましては、嚢胞の大きさが大きくなれば手術となります。手術を行わない場合は、基本的にはホルモン療法となります。

目的は、月経出血による進行を抑えるためで生理を一定期間止めて治療を進めていきます。自然となる月経を止める訳ですから女性としては、非常にきつくて体が重くなるような治療となるのです!

まとめ

藤崎奈々子さんがテレビ番組に出演する機会が減ったのは、藤崎奈々子さんの人気がなくなったとかそういった訳でなく、チョコレート嚢胞という重い病気となり治療に専念していたことが原因です。

2018年5月25日の『爆報フライデー』でその辛い過去をお話するのではないかと予想されますが、それ以上に元気な姿を見る事ができたらそれだけで嬉しいですよね!

 

チョコレート嚢胞という病気の症状としては疼痛とのことで、月経痛や性交痛、慢性骨盤通などが感じられることが多いようです。

治療法は嚢胞の大きさが大きくなれば手術、手術を行わない場合は、基本的にはホルモン療法となります!

スポンサードリンク