テレビ番組

【情熱大陸】一力遼七段(囲碁)は河北新報の御曹司!?大学は早稲田?高校は?

将棋の世界は何かと話題は多いですが、囲碁はどうなんでしょうか?

中国発祥といわれており、その歴史は2000年以上も前から続いてるようで、日本や中国、台湾に韓国で盛んにおこなわれています!

 

最近は世界各地で囲碁が打たれるほどになっており、2018年4月29日の情熱大陸でも、一力遼七段が取り上げられることになっています!

日本にも囲碁を職業とする棋士が活躍していますが、その中の1人である一力遼七段(現・八段)について河北新報の御曹司と言われている理由、大学は早稲田大学なのか、高校はどこなのか、など徹底解説していきますので、じっくり読んでみてください。

スポンサードリンク


【情熱大陸】一力遼七段(囲碁)とは?

囲碁の一力遼さんは1997610日宮城県出身の現在は20歳で、日本棋院東京本院所属、現在は八段のプロ棋士です。

2018年4月29日に放送される情熱大陸で、取り上げられることで話題になっています!

 

まだ20歳と若いですが、数々の最年少記録を持っているのです!

5歳からお父さんの影響で囲碁を始めて、小学5年のときに囲碁を学ぶためにお母さんと二人東京で暮らすようになります。

 

その甲斐あって見事に中学1年生で棋士採用試験に合格してプロ棋士に!

現在はタイトル戦にも挑戦しており、これまでに5回優勝しているのです!

 

棋風は早見え早打ちの天才肌で、国際大会では日本勢が苦戦する中、世界タイトルを1度取っており一人奮闘しています。

まだまだ若いですし、ファンにとってはこれからに期待が持てると思うのですが、なかなかそうはいかない事情を本人は抱えているんですね。なぜでしょうか?

一力遼八段(囲碁)は河北新報の御曹司!?

一力遼さんは宮城県出身で、東北地方にお住まいの方はご存知かもしれませんが、じつは仙台市に本社を置く河北新報社の御曹司なんです!

創業者の一力一族であり、お父さんは現在の社長で、おじいさんはお父さんの前の社長でした。

 

おじさんはテレビ局・東北放送の社長と、東北地方で一力家を知らない人はいないのではないでしょうか?

代々創業家が経営してきており、一力遼さんはおそらく次期社長になるのでは?といわれています。

 

一力遼さんは一人っ子ですから、継がなければならない運命なのです!

他に継げる人がいなければ、自然とそんな流れになってしまいますよね。

 

一体いつまで囲碁の世界で活躍できるのかわかりませんが、まだ20歳と若いですから時間はありますので、ぜひトップまで登りつめてほしいです!

棋士で社長というのはダメなんでしょうかね?(その方が面白そうで話題にはなりそうです。)

スポンサードリンク


一力遼八段(囲碁)の大学は早稲田?高校は?

河北新報社の御曹司である一力遼さんですが、家業を継がなければならないということで早稲田大学に入学!

棋士を目指す人たちは学業よりも囲碁の勉強をしますから、学歴はせいぜい高卒止まりです。

 

しかも棋士採用試験に学歴は不要ですので、トップの棋士がプロになってから大学生になるのは珍しいようですね!

一力遼さんが卒業した高校は東京都立白鷗高校で、中学も付属中で中高一貫の学校とのこと!

 

しかし大学に進学するのは本人も悩んだそうで、大学に行くくらいなら囲碁をもっと勉強するべきだとの意見もあったようです。

二刀流は大変でしょうが頑張ってもらいたいですね!

 

ちなみに今年の戦績を調べてみましたが、連敗が続いており絶不調のようです。

まとめ

囲碁の一力遼七段(八段)についていろいろ調べてみましたがいかがでしたか?

2018年4月30日に情熱大陸に出演する一力遼七段は河北新報の御曹司とも言われており、大学は早稲田、高校は白鷗高校と、頭も良いですね!

 

一力遼さんも井山プロのようにいつか勝てる日が来るでしょう!

棋士と学生の掛け持ちは大変そうで、現在は調子がよくないみたいで心配ですが、これからきっと挽回するかと思いますので、活躍に期待しましょう!

スポンサードリンク