テレビ番組

【プロフェッショナル】白川ラーメン・「とら食堂」の店主・竹井和之とは?

2018年4月9日のNHK番組「プロフェッショナル」では、福島県白河市で40年間もラーメンを作り続け、他県からも足を運ぶほどのおいしさを提供し続ける大人気店のとら食堂店主、自称ラーメンバカである竹井和之さんが登場します!

このとら食堂は、白河ラーメンの基礎と呼ばれ、竹井和之さんの父、竹井寅次さんによって作られたと言われています。

 

そんな竹井寅次さんが他界し、すぐに竹井和之さんはラーメン店を引き継ぎます。

それから40年、今も変わらず昔ながらの白河ラーメンを作り続ける竹井和之さんとはどんな人物なのか、ラーメン店・「とら食堂」と合わせて詳しくご紹介していきます!

スポンサードリンク


ラーメンバカ!福島で40年ラーメンを作り続けた竹井和之とは?

竹井和之さんが作るラーメンはご当地ラーメンである白河ラーメン!

全国には、博多ラーメンや札幌ラーメンなど人気でメジャーなラーメンは沢山ありますが、ご当地ラーメンで、全国的に有名なラーメン店は「とら食堂」の他ないのではないでしょうか?

 

そんな人気な「とら食堂」店主である竹井和之さんのプロフィールから見ていきます!

竹井和之

  • 生年月日:1955年3月
  • 出身地 :福島県白河市
  • 職業  :とら食堂 店主

高校を卒業してすぐに上京し会社に勤めた竹井和之さんは、上京後2年で福島に帰郷することになります!

それは、初代とら食堂の店主であり父親である竹井寅次さんが突然他界したから。

 

竹井和之さんは、父寅次さんの背中をみて育ってきたこともあり、とら食堂を継ぐことにしました!

しかし、そんなに簡単にはいかず、初代寅次の味を出すことができずに次第に常連客は減っていくばかり。

 

そんな状況が悔しく、初代寅次さんが麺を手打ちにし、白河ラーメンの基礎を作ったように、自分でも白河ラーメンのおいしさを追求し3年もの長い間スープの研究を行い続けました!

初代寅次さんが作る白河ラーメンのスープよりも深みが増し、美味しさが増したことでお客様は増え続けたのです!

 

40年以上前に初代寅次さんが麺を進化させ、30年以上も前に竹井和之さんがスープを進化させ、2代でこのとら食堂を創り上げたといっても過言ではありません。

初代寅次さんがラーメンつくりを教えていたように、現在竹井和之さんも多くの弟子を抱え、更においしいラーメンを研究しながら指導にもあたっています!

スポンサードリンク


竹井和之さんのとら食堂は九州からもお客さんがくる!?

 

この竹井和之さんが店主の「とら食堂」には、もちろん全国のラーメンファンが訪れますので、九州からのお客様もいると言えばいると言えるでしょう!

しかし、ここでは、少しだけニュアンスを変えて紹介させて頂きます。

 

実は、このとら食堂が九州ラーメンの本場福岡に出店したのです!

とら食堂は、長年修業を重ねた弟子でなければ暖簾分けはやっていませんので、もちろんこの福岡に出店したとら食堂は、竹井和弘の下で修業を重ねた弟子が出店しています。

 

ここですごいのが、福岡で人気のある一風堂の河原成美さんがそのお店を請け負い、力の源カンパニーの系列会社が担当しているということ。

竹井和之さんも定期的に足を運び一週間お店に入り込み指導を行っているようですので、本格的な白河ラーメンが福岡でも食べられることになったのです!

とらや食堂の人気メニューはこれだ!

やはり、とら食堂の人気メニューといえば、「手打ち中華そば」ですね!

鶏ガラと豚ガラでだしをとったしょうゆベースのスープにはコクがあります。

 

また、初代寅次さんがこだわった、ラーメンの手打ち麺。この手打ち麺は踊るような食感の手打ちの疑惑の食感だそうです!

また、チャーシューにもこだわりがあり、しっかりと炭火で燻製にしたチャーシューをオリジナルの燻製機で作っているとのこと。

 

一杯のラーメンすべての分野へのこだわりが竹井和之の生きざまではないでしょうか!?

まとめ

2018年4月9日の『プロフェショナル仕事の流儀』には福島で大人気のラーメン店・『とら食堂』の店主である竹井和之さんが出演!

福島県で40年以上ラーメンを作り続けてきた、その真髄も当番組で知ることができるでしょう。

 

なお、福岡にも出店をして、指導も行っていることから、福岡でも白川ラーメンを堪能することが可能!

竹井和之さんの大人気の『とら食堂』では、「手打ち中華そば」が最も人気!

スポンサードリンク