スポーツ

本田圭祐のバセドウ病はうそ?発表は?目は治った?昔と現在の比較!パチューカでの成績と今後は?

サッカー日本代表でワールドカップでも大活躍した本田圭祐選手ですが、少し前には、バセドウ病なのではないか?という噂がありましたよね!

そんな噂から少し経った今では、バセドウ病に関する話題がでなくなりましたが、目は治ったのでしょうか、それとも「うそ」という発表があったのでしょうか?

 

今回は、本田圭祐選手に関して、バセドウ病は治ったのか、昔と現在の画像を比較した上で、パチューカでの成績も徹底解剖していきます!

W杯を直前に控えて、期待されている選手ですから、病気が治ったのかどうか、は気になりますよね。

スポンサードリンク


本田圭佑のバセドウ病はうそ?公式発表は?

バセドウ病とは、簡単に説明すると甲状腺の病気で、甲状腺のホルモンが多く分泌されてしまうのです。

比較的、女性の方が多く、芸能人では歌手の絢香さんがバセドウ病と公表してましたよね!

 

バセドウ病の症状としては、疲れやすくイライラする、口が渇く、動機がするなどがあります。

外見の変化としては、髪の毛が抜ける、眼球が出てくるといった症状もあるそうです。

 

バセドウ病の場合は、手術をうけると首の下に傷ができるといわれています。

本田圭佑さんがバセドウ病と言われている原因は、外見的なところがあるようです!

 

ネットで本田圭佑さんの目が不自然ということから、眼球が出てくるという症状のバセドウ病ではないかといわれていました!

なんと本田圭佑さんもACミランに入団する前に、首の下に傷があり、バセドウ病の手術をしたのではないかと言われています。

 

またこの件に関して、本田圭祐さん自身もなにも発表していないのでバセドウ病の疑惑があるようです。

ただ、ミランを退団し、パチューカに移籍したあたりから、目の噂は聞かなくなり、目が治ったのか、と話題になっていますがどうなのでしょうか?

本田圭佑の目は治った?昔と現在の比較!

本田圭祐さんの目が不自然と言われていますが、昔と比べてみるとどうでしょうか?

バセドウ病という噂だけではなく、レーシックの手術のせいではないかとも言われています。

 

レーシックとは、視力を回復させるための手術で、メガネやコンタクトをしなくてもよくなる手術です。

本田圭祐さんは、2012年にレーシックの手術をしているので、これがきっかけで目が不自然なのではないかという噂も!

 

レーシック手術は、手術なので失敗する可能性もありますが、医師からみると成功していると言われています。

これに関しては、本田圭祐さんも手術の失敗は完全に否定しているため、レーシック手術が原因ではないようですね!

スポンサードリンク


本田圭佑のパチューカでの成績と今後は?

パチューカでの本田圭祐さんの成績については、シーズンを終えましたが、リーグ最終戦にスタメン出場し、00と引き分けになりました。

プレーオフの枠を争っていたUNAMが、ケレタロと11で引き分けになり、7位に浮上したので、チームはプレーオフ圏外の9位が決定。

 

本田圭祐さんのパチューカでの今後については、地元紙のインタビューで、契約時にパチューカでのプレーは1年と決めていたと答えたとのこと!

また、大きな野望を持っていてサッカーだけではなく、挑戦したいことがたくさんあるともコメントしていました。

 

今後については、まだわかりませんが今後の去就が気になりますよね!

W杯も始まりますので、もう一度、世界で輝く本田圭佑選手をみたいですね。

まとめ

バセドウ病ではないかという噂があった本田圭祐さん。

バセドウ病には内面と外見の2つの症状があり、外見的な症状である「眼球が出てくる」ということでそのような噂がありました。

 

また、バセドウ病で手術をしたら、首の下に傷ができるのですが、本田圭祐さんもACミランに入団する直前に傷があったと言われています。

これに関しては、なんの発表もなかったのでさらに疑惑が強まったとのこと!

 

本田圭祐さんは、2012年に視力を回復させるレーシックという手術をうけており、この手術のせいではないかと言われていましたが、本田圭祐さん自身が完全に否定しているためこれが原因ではないようですね!

もし、バセドウ病だったとしたら、練習にも支障がでるので公表されるのではないでしょうか。

スポンサードリンク