スポーツ

ザキトワ選手が飼っている猫の種類・名前は?ペットの愛猫が彼女の努力を支えた!?

平昌オリンピックで金メダルのロシアのアリーナ・ザキトワ選手ですが、その可愛さ、美しさが話題になりましたよね。

そんなザキトワ選手の努力を支えて、金メダルを獲得できたのは、愛猫のおかげだといわれています!

 

ザキトワ選手といえば、秋田犬が贈られたことで動物好きが話題になりましたが、彼女も自分で猫を飼っていたようですね。

ということで今回は、平昌オリンピックで金メダルを獲得したザキトワ選手の振り返りと合わせて、彼女が飼っている愛猫の種類、エピソードをお話していきますので、読んでみてください!

スポンサードリンク


平昌五輪で金メダルを獲得したザキトワ選手とは?

https://www.instagram.com/p/BfnsPB2gymf/?taken-by=azagitova

ロシアのアリーナ・ザキトワ選手は2002518日生まれの15歳。

5歳の時にスケートをを始め、12歳で親元を離れてモスクワを拠点を移し、エテリ・トゥトベリーゼ派の門を叩きました!

 

2016年と2017シーズンのジュニアグランプリに出場し、1戦目のサンジェルべ大会で優勝し国際大会デビュー戦を飾りました。

ジュニアグランプリファイナルでは、ショートプログラムとフリースケーティングでジュニアクラスの世界最高得点を出し、ジュニア選手として史上初の200点越えとなる207.43点で優勝!

 

初出場のロシア選手権では銀メダルを獲得し、自身の持つFSと総合得点のジュニア歴代最高得点を更新して優勝を果たしました!

 

そして、平昌オリンピックでは、15歳ながら金メダルを獲得!

159か月での金メダル獲得は、1998年長野オリンピックで優勝したタラ・リピンスキー、2014年ソチオリンピック団体戦で優勝したロシアのメンバーであるユリア・リプニツカヤ選手以来史上3番目の若さだそうです。

ザキトワ選手の努力を支えたのはペットの愛猫!?

今から3年前の12歳のときモスクワに拠点を移し、現在は祖母と暮らしているザキトワ選手!

アスリート養成学校に通いスケート一色の生活をしているザキトワ選手にとって、支えとなっているのは、「ブリティッシュショートヘア」のメス猫のイリースカです!

 

ザキトワ選手は「イリースカがいない生活は考えられない」というほど大切なんですね!

そんなイリースカとのエピソードが、4月11日放送の「トコトン掘り下げ隊!生き物にサンキュー!!」で明かされますので、注目です。

スポンサードリンク


ザキトワ選手は秋田犬に一目惚れ!?

また、アリーナ・ザキトワ選手が金メダルを獲得したご褒美として「秋田犬が欲しい」と言い、秋田犬保存会がプレゼントするというのが話題になりましたよね!

なぜザキトワ選手は、秋田犬が欲しいとおねだりしとかというと・・・ザキトワ選手は、平昌オリンピック前に、新潟県に滞在していたからです。

 

そのときに、ある雑誌で秋田犬を初めてみて、一目惚れしたそうですよ!

秋田犬保存会は、「秋田犬を世界の犬種にするべく積極的に発展せしむるをもって目的」にしているためザキトワ選手の贈呈するようです。(ちなみに、以前にも、ロシアのプーチン大統領にも秋田犬を贈犬したことがあります。)

まとめ

https://www.instagram.com/p/BI6z1fFgN5Q/?taken-by=azagitova

平昌オリンピックで金メダルを獲得したロシアのアリーナ・ザキトワ選手15歳。

ザキトワ選手は12歳で親元を離れ、愛猫のイリースカ(種類はブリティッシュショートヘア)を大事にしているようですね!

 

そんなイリースカとのエピソードを411日放送の「トコトン掘り下げ隊!生き物にサンキュー!!」で放送されます。

そこでザキトワ選手の努力を支えたイリースカとのエピソードが明らかになるのではないでしょうか。

 

また、ザキトワ選手は贈呈される秋田犬だけではなく、リラックマや日本料理が大好物で日本が大好きなんですね!

それにしてもプーチン大統領にも、以前秋田犬が贈犬されたことがあるらしく、ロシアでは秋田犬が人気なんでしょうか!?笑

スポンサードリンク